コラム

column

左官工事が必要な理由とは?

こんにちは!株式会社KMGです。
弊社は、愛知県大府市に拠点を置き、名古屋市をはじめ東海3県で活動しております。
2014年に創業以来、造成工事や外構工事など、土木工事におけるさまざまな現場に携わってまいりました。
現在弊社では、各種現場にかかわる新規スタッフを募集中です。
左官・タイル工事の求人をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は「左官工事が必要な理由」をテーマにご紹介いたします。
工事の必要性を理解することで、よりやりがいを持って業務に臨めるでしょう。
ぜひ最後までご覧ください。

耐久性を高める


左官工事では、床や壁における下地づくりを行います。
例えば住宅建設において、土台がしっかりしていることで耐震性に優れた家をつくることが可能です。
女性のお化粧でも、下地を丁寧に塗布することで肌への負担を抑えますよね。
床や壁も同様に、左官工事で下地をしっかりつくることで丈夫で綺麗な仕上がりになります。
反対に、下地のつくりが甘いと、ひび割れが生じてしまい大変危険です。
施工時には、その都度点検を行い、不具合があれば補正をするなど入念なチェックが欠かせません。
建物は自然には逆らえず、年月の経過とともに劣化は進むでしょう。
床や壁を強固にすることは、建物自体の耐久性にも直結します。
丁寧な下地をつくることで、劣化を抑えられるのです。

アレルギー対策になる

左官工事の材料では、珪藻土や漆喰、火山灰といった自然由来の素材を練り混ぜて使用します。
アレルギーやシックハウス症候群の恐れがある物質を含まないため、安全です。
毎日暮らす家で、アレルギーを起こしてしまえば穏やかな暮らしも遠のきます。
中でも漆喰という素材は、埃やゴミが付着しにくいため、埃やゴミが原因で体調に影響が出るケースを大幅に軽減できます。
漆喰は不燃材料としても注目されているため、失火した場合も火の広がりを抑えられるでしょう。
家に暮らす人々が危険な目に遭うことなく、快適に暮らしていくためにも、左官工事は大切な工事といえるのではないでしょうか。

株式会社KMGでは新規スタッフを募集中


弊社の求人では、造成工事や外構工事、左官・タイル工事における現場スタッフを募集しております。
その他にも、中型トラックの取り扱いもございますので、トラック運転手志望の方のご応募も大歓迎です。
経験者の方や、資格保有者の方は即戦力としてすぐにご活躍いただけます。
「知識を生かしたい」「貢献できる仕事がしたい」という理想が叶う環境で働いてみませんか?
少しでもご興味を持っていただけましたら、ぜひ弊社の求人にご応募ください。

協力会社様を募集中

愛知県大府市に拠点を置く弊社では、協力会社様も同時に募集中です。
弊社は、名古屋市や東海3県をはじめ、今後も大きく活躍していきたいと考えております。
業績やスキルアップを目標に、お互い成長できる関係を築いていきませんか?
ご相談からご質問まで受け付けております。
ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。
皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。